ウーマンズビズスクール 代表メッセージ

起業を志す女性は近年増えています。

私自身、横浜市の女性起業支援「女性起業UPルーム」の2007年の開設以来、多くの女性起業家の個別相談に対応し、相談件数4,000件以上。
女性起業家たまご塾の連続講座の参加者のサポーターとして関わり、2016年度 女性起業家たまご塾10期以降、 後期ホームページ設計コースでは塾長を務めてきました。
並行して、豊島区が運営するサクラーヌBiz 女性起業塾、世田谷区男女共同参画センターのらぷらす女性起業支援塾などの講師も毎年重ねてきました。

以前は「起業」というと、とてもハードルが高いものとイメージされていた方も多かったのですが、

起業相談の現場でも、

「私でもチャレンジできるかしら?」と
興味を持つ方が増えているのを感じます。

コロナ禍を経て、リスクのある起業にチャレンジする方は減るのかと思いきや
逆に、「自分でも収入を得る方法を持っておきたい」と起業を考え始める方が増えてきました。

「起業したいけれど どうやって 何から準備をしたらいいんですか?」

そんなご質問を何度もいただいてきました。

私自身、3人の子育てと夫の転勤との中、会社でやりがいのあるキャリアを描くことの難しさを感じる中で『起業』を考えた時に、

いったい、どうやったら出来るのだろう。。。と模索する中、

2006年 個人事業主として独立開業。
2015年12月 法人化。

しました。

4,000件以上のご相談を頂く中
ビジネスの成功事例もたくさん見てきており、

こういう時には、こういう風に考える

といったノウハウが体系立てられてきています。

個別のコンサルティングの中では、お伝えし、実際の商品やサービス、サイトでの集客に活かす中で
結果を出してきましたが

起業やネット集客のノウハウがあふれる中

いろんな情報に振り回されて

結果につながらない内容に大金を投じしてしまったり、

自分と合わないノウハウやアドバイスに疲弊してしまったり、

そんな例がたくさん聞こえてきています。

起業は決して簡単ではありません。

経験のない分野で、簡単に結果が出るほど甘いものではありません。

けれど、

きちんと考え、積み重ねていくことで、
余計な回り道をせずに起業にチャレンジしていただけるはずだと思います。

人生100年時代。

誰しもが、いつかは「起業」という働き方で収入を得ることを考える場面が出てくるでしょう。

働き方は 生き方 そのもの。

誰に何を提供して、どう喜ばれて生きるのか。

自分で道を決めて働く起業は 自分の人生の歩き方に直結します。

顧客に支持されるためには
自分が好きなようにやるだけでは駄目なこともあります。

ビジネスを大きくするためには
自分の苦手を克服しなくてはいけない場面があるかもしれません。

起業には、人生の学びの機会がたくさんあります。

ぜひ、無理なく多くの女性にチャレンジしていただきたいと思っています。

株式会社ソフィットウェブコンサルティング
代表取締役社長

吉枝 ゆき子